グリーンスムージーを飲んでhappylife♪

グリーンスムージーは美容やダイエットによい飲み物です。しかし、飲み方や作り方のルールがあり、守らないと効果を得られなくなることがあります。グリーンスムージーはどうやって飲んで、どんなことに気をつけて作ればいいのでしょうか。

グリーンスムージーは必ず単体で胃が空っぽのときに飲みます。果物は非常に消化がよく胃を30分程度で通過します。他の食べ物と一緒に摂取すると、他の食べ物が果物が胃を通過するのを妨げて、胃の中で果物が発酵してしまいます。胃が空っぽのときに単体で飲むことで最大限の効果を引き出すことができます。

グリーンスムージーを飲んだだけではお腹が空く場合、40分程度開けてからなら他のものを口にしてもよいです。40分ほど開ければグリーンスムージー害を通過しています。

一気に飲むと胃がビックリしたり、血糖値が急激にがってしまいます。液体で甘くておいしいのでゴクゴク飲みたくなりますが、ゆっくり一口ずつ唾液と混ぜ合わせて飲みます。

グリーンスムージーに使う材料は緑が濃い葉野菜と果物です。皮も使うのでできるだけオーガニックのものを選びましょう。オーガニックが無理な場合は、よく洗って使用します。一つのスムージーにたくさんの数の材料を使わないようします。少ない数の材料の方が消化によいです。

でんぷん質が多いキャベツ、ブロッコリー、人参、トウモロコシ、かぼちゃ、きぬさやなどはグリーンスムージーに加えません。果物との組み合わせが悪くお腹の中でガスが発生します。

根菜類も使用しません。大根やカブをスムージーに入れると辛みが出ておいしくありません。

市販のグリーンスムージーや青汁は牛乳や豆乳に混ぜて飲むことがありますよね。牛乳などに混ぜることでまろやかで飲みやすくなります。

しかし、手作りのグリーンスムージーの場合は牛乳や豆乳に混ぜて飲んではいけません。ナッツや油を加えることもしません。野菜と果物以外のものを混ぜると、消化吸収の妨げになる可能性があります。
提供 グリーンスムージーランキング様